社員紹介

1
青谷 勝也 Katsuya
Aotani

屋根営業本部 営業推進部 営業推進課主任

2007年入社 工学部 建築学科卒

仕事内容

ニーズを掘り起こし攻める営業

営業推進部に所属し、設計事務所や施主に対し当社独自製品の織込営業、技術提案営業を行なっています。建物の設計は設計事務所=設計者の仕事ですが、設計者も屋根についてはそれほど詳しくありません。そのようなお客様に対しその物件ごとに最適な工法や仕様、納まりといった屋根の専門業者としての技術サービスを提供し当社製品の図面織込を狙います。お客様の信頼を掴むために素早いレスポンスと相手の立場や状況を踏まえた提案を心がけ業務に取り組んでいます。

成長の実感

相手の立場に立つ思考と実行力

常に相手の立場に立って考え行動するようになりました。相手というのはお客様の場合もあれば、社内の他部署の人の場合もあります。「こうして貰えれば有りがたい」というポイントを考え、先を読むことで仕事を円滑に進められるようになりました。そのためには常にアンテナを張り様々な事に興味を持つことが重要であると思います。

三晃金属工業の強み

世代、肩書きを越えて前へ進む

30歳以下の若手社員が増える一方、営業や工事の経験が豊富な先輩社員がおり、新入社員にとっては成長しやすい環境であると思います。若手社員が悩んでいると先輩が一人二人と自然に集まってきて一緒になって解決策を見出すという状況は社内でよく目にする光景です。私自身も先輩から教わるケースも多々ありお客様に対して思い切って営業活動に取り組んでいます。

今後の目標

三晃=自分にしかできない仕事を

入社当初は技術開発部門で新製品の開発のための試験や試作を行なっていました。現在は当時と180度異なる営業推進業務を行なっています。お客様と会い対話を重ね相手の意向をくみ取ったうえで当社の独自色を打ち出すことに面白みを感じています。今後は当社の技術を存分に発揮し「三晃にしかできない仕事」と言われるような建築に携わりたいと思っています。

就活生へのメッセージ

社会を知る第一歩を楽しむこと

就職活動は世の中を広く知るチャンスです。ネット上では感じ取れない生の声や空気に多く触れ、社会人と会話をしてみてください。学生のうちはなかなか実際に自分が仕事をしている姿は想像しにくいと思いますが、話をすることで仕事への理解が深まると思います。

1日の仕事の流れ
8:30 出社、メール処理
9:00 図面検討・技術検討
12:00 昼食
13:00 外回り
設計事務所への提案営業
16:00 営業
情報整理・関係者への情報連絡
17.00 見積作成
翌日の設計打合せの準備
20:00 退社

topへ

2
3
4