社員紹介

1
瀬野 貴樹 Takaki Seno

東京支店 営業部営業第2課

2007年入社 生産工学部 土木工学科卒

仕事内容

もう一つの「創る」仕事

ゼネコンさんに対する金属屋根・外壁の営業業務を行っています。まず相談のあった物件の積算・見積を行い、話が具体化してくると現場へ施工方法、工程、図面等の打ち合わせと並行して金額交渉を開始します。契約が決まれば、製作図の作成、工事担当者との打ち合わせ、現場引き継ぎを行い、工事完了まで営業担当として対応しています。プロジェクトの過程全体を通して要所要所で、関係各所へのケアをしていくことが重要な任務と言えます。この仕事は、プロジェクトスタートの窓口として重要な役割を担っているため、課される責任も大きいですが、その分大きな達成感も感じることができます。

成長の実感

「自分自身」を持ち、
諦めない姿勢

「時間の使い方」というものを、入社後から考えるようになりました。特に処理する順番・時間等、今も意識して仕事に取り組んでいます。また、学生時代に比べて「自分自身」を持てるようになった気がします。仕事だからこそ諦めずにやれるようになったことや自分の主張を通せるようになりました。営業職に就いてからは、工事担当や設計担当などの他業務の大変さや意図している真意を汲み取り配慮できるようになったと思います。決して「できない」とは言わず、自分を追いつめることで限界を越えていけるのだと思います。

三晃金属工業の強み

向上心溢れる人材がたくさん

風通しのよさがある社風だと思います。若い社員が多く、早くから実践で仕事を覚えていく職場なので、当人のやる気次第では、自分の意見・行動をある程度自由にさせてもらえるように思います(もちろん相談は必要ですが)。また、基本的に大小規模に関わらず、主担当を任せられることが多いため、やりがいを感じられると思います。

今後の目標

金属屋根のスペシャリストに

まだ明確ではないのですが、まずは現在の業務において、より精度を増し、自分を成長させていきたいと思っています。そして、また現場を経験し、営業・工事共に完璧にこなせるようになりたいです。あとは、いつかは海外事業にも携わり多くの経験・知識を習得できればと思っています。

就活生へのメッセージ

自分を信じて行動するのが一番

私の場合は、大学時代はこの業界を志望していたわけではなく、就職活動の中でたまたま出会った企業でした。当時想像していた道とは違うものでしたが、入社後自分の可能性を広げることができたと思います。学生の皆さんには、自分のやりたいことを見つけてそれを信じて進んで欲しいと思います。また今は見つかっていなくても、実際に働いていく中でやりたいことは見つかっていくものなので、自分を信じて頑張ってください。

1日の仕事の流れ
8:00 出社・残務処理
9:00 営業2課打ち合わせ
9:30 引合物件見積、予算検討
13:00 現場打ち合わせ
15:00 ゼネコン調達金額交渉
16:30 図面チェック、見積・予算検討、
書類作成等
18:30 退社

topへ

1
1
1