社員紹介

1
後藤 拓磨 Takuma Goto

横浜支店 工事課

2014年入社 理工学部 海洋建築工学科卒

仕事内容

プロジェクトを
滞りなく動かしていく

屋根工事の施工管理の業務を行っています。プロジェクト全体に関して、安全・品質・工程・原価などの管理が主な仕事となります。これらを管理するために元請け(ゼネコン)担当者と作業についての打ち合わせや交渉を行い、屋根を施工していきます。現場での施工は当社の協力会社の施工班が行い、その施工班の職長と工程・納まり等の打ち合わせを行いながら、進めていきます。その中でも特に事故のないよう安全には十分注意して管理を行います。自分はまだまだ経験が少ないため、上司の方、先輩、施工班などに相談、アドバイスをいただきながら、現場がスムーズに動くよう配慮しています。

成長の実感

コミュニケーションの大切さ

入社して日々感じ、学んでいることは人との関わりです。業務を行う上で元請け担当者、施工班、各業者さんなどとのコミュニケーションは必須であり、年代や性格など十人十色だと思います。限られた時間の中でいかに意思疎通ができるか、向き合っていけるかが大切であり、難しさでもあると日々感じています。今後は多くの人と関わる中で、自分なりのスタイルを見つけていきたいです。

三晃金属工業の強み

業界のトップランナーという自信

当社は金属屋根を得意としていますが、社員一人ひとりから「金属屋根は三晃が一番」という絶対的な自信を感じます。この自信がふだんの業務のモチベーションとなり、会社全体の雰囲気も一つにまとまっています。また研修制度も充実しており、キャリアを積む上での基本的な事柄は研修で身につけることができます。そして日常の業務内で分からないことは、上司の方や先輩方から丁寧に教えていただけるので安心です。

今後の目標

ランドマークとなるような
屋根を手がけたい

まだ入社一年目で分からないことばかりですが、まずは目の前にある一つひとつの業務をしっかりと確実に行いたいです。その中でたくさんの現場を経験し、早く仕事を覚えるための努力をしていこうと考えています。将来の大きな夢としては入社時の志望動機の一つである、ランドマークとなるようなプロジェクト物件にいつか携わりたいですね。

就活生へのメッセージ

自分自身を見つめる
よい機会と思って

就職活動は現在・将来の自分を見つめ直すよい機会です。たくさんの時間をかけ、自分が納得する仕事、会社を見つけて欲しいです。面接など緊張すると思いますが、あまり固くならずにふだんの会話をするようなイメージでよいのではないでしょうか。

1日の仕事の流れ
8:30 出社
9:00 現場へ移動、進捗状況等の確認
10:00 施工班と打ち合わせ、雑談
11:00 元請け担当者と打ち合わせ
12:00 昼食
13:00 帰社
14:00 現場確認のまとめ
15:00 材料の発注
16:00 工事課会議各現場の
進捗状況等の報告、確認
17.00 各書類業務
18:00 明日の業務準備
19:00 退社

topへ

1
1
1